名古屋市で耐震補強リフォーム・リノベーションを行う建築設計事務所

一級建築設計事務所シバタセッケイジムショ|名古屋市で耐震診断・耐震改修工事/リフォーム・リノベーション/古民家改修工事
  • コンセプト
  • 耐震診断・改修工事
  • リフォーム/リノベーション
  • WORKS
  • お問い合わせ

施工事例

11

軽量な住宅の耐震補強工事

名古屋市名東区 M様

名古屋市名東区での耐震補強工事です。

タイトルに「軽量」とありますが、木造住宅において「軽量」とは、屋根が鉄板やカラーベストのような比較的軽量な部材である事と土壁で無いこと、この2つが軽量の条件になります。
そこで軽量であると何が良いか。ズバリ補強箇所とコストが少なく済むの2点です。
軽量な住宅というのは、概ね昭和50年代前半から出てきており、それ以前は殆どが土壁や瓦屋根が主体の「重い」建物でありました。今回の住宅は昭和50年代中期の軽量な建物で、現状の評価値は低かったのですが、少ない補強箇所で安全値まで上げることが出来ました。これも軽量だから成せたと言えます。

基本壁の補強は構造用合板で行います。

今回は外部も一部構造用合板で施工。ある程度の開口であれば施工する事が出来ます。

これがもし土壁で瓦屋根だったりしたら、相当な箇所の補強と費用が発生したと思われます。
よくお客様から「補強に幾らくらい掛かるの?」なんてざっと質問をされるのですが、正直なところ幅が広すぎて即答出来ないケースが殆どです。ですが、自宅の構造を知ればある程度の目処は付けられるかと思います。「軽い」建物は安価に出来る、「重い」建物は結構掛かる、なんて具合に。。。かなり大雑把ですかね。やはり分からなければ問い合わせるのが一番です!

補強結果
補強前 評価値 0.26
補強後 評価値 1.05

改修費用 工事費 約145万円 調査・設計・監理費用 約35万円
※名古屋市からの補助額 90万円

メールでのお問い合わせ お問い合わせページ リンクボタン

ページ上部にもどる ボタン