シバタセッケイジムショのブログ。様々なテーマで日々更新しています

一級建築設計事務所シバタセッケイジムショ|名古屋市で耐震診断・耐震改修工事/リフォーム・リノベーション/古民家改修工事
  • コンセプト
  • 耐震診断・改修工事
  • リフォーム/リノベーション
  • WORKS
  • お問い合わせ
  • 業者の方へ

スタッフブログ

Blogアイコン

仕事

2020/06/08

名古屋市中川区:設計事務所が考える耐震工事 その2 構造用合板取付です。

今回は構造用合板の貼付です。

一昔前は耐震といえば筋交いを使うのが一般的でしたが、
ここ最近は構造用合板を使うのがポピュラーになったのではないかと。
約30年前ぐらいにツーバイフォー工法が輸入され、それから合板による耐震が一般的になりましたね。

構造用合板のメリットとしては、
・耐力が筋交いより高く取れる事。
・応力が全体に効くので、壊れ方がゆっくりしている。
デメリットは、
・施工手間が掛かる、釘の打ち込みがシビア。
・透湿しないので結露の問題がある。
など。

筋交いはこれらが逆になります。

しかし、最近は高圧の釘打ち機とかあるのと、透湿する素材などもあるので、
昔に比べればそんなにデメリットではないかも知れません。



見た感じも「補強してる」感がありますし。
何より材料代が安いです。

私も古い住宅の改修には構造用合板を多用します。

メールでのお問い合わせ お問い合わせページ リンクボタン

ページ上部にもどる ボタン